2015/02/23

弁護士広告は減少するのか。今年の動きは?

ラジオ広告のトップランク入り~債務整理・過払い広告~
弁護士広告の昨年の話題は、なんといっても弁護士より 司法書士事務所の広告の突出だろう。といっても、大阪の某司法書士事務所、東京の某司法書士事務所の二つだけがずば抜けて突出していたのだけれども。

どのくらい突出していたかというと、東京のラジオ局ではナショナルクライアントなみの、いやそれ以上の経費を投入したスポット広告などの量で、広告枠がなくなるくらいになっていた。売上的にもTBSラジオ ニッポン放送 文化放送などずいぶんシェアーが大きくなっていると聞いていた。

弁護士・司法書士事務所のラジオ広告の大きな動きとしては、この突出した司法書士事務所の広告投下だろう。昨年はその結果、東京のラジオ広告では、弁護士・司法書士事務所の広告が一位となったという。債務整理・過払い広告だ。

こうしたなか、大阪では債務系のラジオ広告をそれなりに投下していたところが昨年夏に、ラジオ広告から撤退した。

債務整理・過払い広告だ。

特定の司法書士事務所の広告額がずば抜けて多いというが、今年に入ってさらに、大阪の司法書士事務所がラジオのスポット広告をストップする動きを見せているという。過払い・債務整理は数年で相談件数が減るといわれ、その後も一定に相談件数が続いているなかのことなので、関係者は「いよいよか」 「やっと」という受け止め方のようだ。

それにしても、一定の広告費が無くなっていくと、放送局には影響が大きいので、ラジオ広告放送関係者の関心は、どうなるのか「大変気になるところ」。

ただ、全体として言えるのは、過払い・債務系の縮小。 一般法律サービスへのシフト。企業イメージ広告へのシフト という方向にこれからは向かうのではないか?
CIMG4274.jpg

この1-2年急速に広告費を拡大させたのは、司法書士事務所だが、司法書士事務所のラジオ広告投下の目的は、債務整理・過払い金申請の業務受任のための集客目的だから、眠っていた客層をさらに呼び起こしてきていたことは間違いない。消費者金融業界もおそらくそのような読み方をしているようだ。


一方、インターネット広告は、昨年はやはり、債務整理・過払いのキーワードは、競争激化の影響で高い水準で動いており下がっていない。またすそ野も広がって、この分野の広告費は順調に伸びているとみられる。


弁護士事務所が、債務整理広告をラジオが始めてから、10年と半年。またテレビで始まって10年。
グレーゾーン金利の撤廃などで、この間随分と多重債務者は減少し、また貸金業者の総数も減ってきた。

またこの間大型のサラ金業者の倒産や、再編もあった。こうしたなかで、広告も変遷してきたわけだが、

いまからの法律事務所の広告は、企業イメージ広告へ向かうのではないか。というのは、この分野が未知数だからだ。媒体を利用し続けることのできる大型とそうでないとこに分化していく。
➡ラジオショッピング的な直接的電集客に終始していた広告は、もちろんつづくであろうけれども、もっとイメージを売るような、本来の広告機能が注目されていく。

この業界が、クライアントとして成熟していくことを意味しているとでもいえるだろうか。

またこうした、イメージ広告が必要となる理由として、弁護士の敷居が低くなっていることだ。悪い例でいうと不祥事。

朝日新聞デジタルニュースが次のような記事を配信している。「昨年の弁護士懲戒処分、過去最多に 預かり金流用目立つ2015年2月21日

弁護士業が、普通の職業の一つに近くなって敷居が低くなっていくとき、やはり企業イメージの発信力は一つのテーマとならざる得ない。

見てきたようなラジオ広告投下を中心とした動きがいろいろと起きるであろうが、その先には以上のような方向性に向かうのではないかと予想している。
スポンサーサイト
2015/02/12

ささえるしゃべり手 続 FM三重

三重県の津市。北は工業地帯の四日市、桑名、南は日本の最上級のパワースポットとして人々を集める伊勢、また観光の志摩。この南北を分ける中間にある津市。海の向こうには伊勢湾が広がり、すぐ向こうに知多半島が見える。
名古屋の放送局の電波がまともに入り、放送局は独立U局のテレビ局とエフエム局の二つがある。
DSC_5404 (800x534)
今回お邪魔したのは、そのラジオ局のほうだ。FM三重さんは津市の住宅街にある。
この局では、朝昼夕のワイド番組をアナウンサーがディレクターを兼ねて一人でやってる。さすがにマイクから離れられないので、写真の奥に見えるのは、スタジオの外から原稿などをもってくるひとが。

完全にアメリカ型ですね。もう10年以上やっているそうだ。ちなみに万事ミスに目くじらが立ちやすい日本の標準は、アナウンサー スタジオ内男女各1 外にディレクター1 音声技術1(放送への送り出しや、そのほか)そのほか外部との電話受け1~2が標準だった。

もっともラジオ局の現場省力化・合理化でずいぶん前からアナウンサーのディレクター化などが進んだけれども、また ラジオの生ワイドをいかにして少人数で放送出来るかが模索されてきましたが、なかなか、ここのFM三重さんほど徹底したところはないような気がする。

1人アナディレクターをここまで徹底的に定着させていることに 関心しました~~。
ちなみにこの局地元密着を徹底してかかげ、地元の聴取率調査で結構支持を受けています・・。
DSC_5424 (800x534)
西本亜裕子さんは、HFM三重の看板アナウンサー・ディレクター。
ディレクターということは、調整卓に座って、CM収録のテクニカルディレクターもする。

もちろん外部でのMC司会も。
直接的な営業活動をしないだけで、かなりの幅をこなすスーパータレントだ。
DSC_5414 (800x534)

今回お邪魔したのは、CMの収録関係で。
ハイパワーな元気さ全開でした。
西本亜裕子
DSC_5417 (800x534)

ちなみにFM三重さん、全体の営業収益に占める地元クライアントからの広告費がしえる割合が9割。
そして、この数年エフエムローカル局の経営環境が厳しい中、コンスタントに悪くない決算を続けているということです。
しゃべりてが地元に支持されること、放送が好きで放送の現場をささえるエネルギーがあることは、大事なことですね。
2015/02/07

支えるしゃベリ手たち続報 熊本MEGUさん

DSC01697.jpg

各地で、メディア・放送を支えているしゃべりて達。その方々にお会いするたびに、マイクを通じてしゃべることが大好きなことが、聞く人に支持されていることを教えられる。
今回は熊本のMEGUさん。
ラジオ・テレビで活躍するパソナリティー・タレントさんだ。
DSC01688.jpg

今回は FM局さんで収録。スタジオは、調整卓としゃべり手の卓の間に仕切りがないブースなので、収録中は音がたてられないので緊張する。
収録に緊張は向かない。MEGUさんは、愛嬌たっぷりにスタジオの雰囲気まで作っていく。
DSC01699.jpg

しばらく、お子さんの出産で番組の仕事を休まれていた。
昨年末から復帰して、今年は熊本で活躍が期待される、大型タレント・パーソナリティーだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。