FC2ブログ
2012/05/14

債務整理「市場」の縮小と弁護士広告

弁護士広告を意識して実施している法律事務所の数は、統計がないので不明だが、ホームページを集客の手段と位置付けている作製の仕方をする事務所だけでも、100のけたでどんどん増加してように思える。

こうした広告の拡大をもたらしたものは、最大のものは弁護士会の広告解禁だが、市場としての要因は、弁護士広告を可能にした多重債務の整理、特に「過払い」という「市場」だった。

このところ、多重債務者は急速に減少し、消費者金融の数や業績も急降下して、まちがいなく「市場」が狭まっていると言われている。

こうしたなかで、弁護士広告の今後はどうなるのかというと問いをうけることがある。

結論は不明というしかないが、●相変わらずの非弁提携問題 と ●地方弁護士会のTVCMの質の向上という二つの問題について触れてみよう。

市場としての弁護士業界のことを意欲的に取り上げている週間ダイヤモンドが、最近弁護士の非弁提携の問題を消費者金融業者が懲戒請求したという記事を取り上げている。

① 相変わらずの非弁提携問題

アイフルが弁護士懲戒請求を提出 弁護士が多重債務者を食い物に!

概要そのものは、古典的手口と記事中の弁護士が解説している。

このような手口が続くのは、過払いの「市場」が縮小していることが背景にあるとみていい。

● (産経新聞5月12日)東北財務局がまとめた平成23年度の多重債務相談の受け付け状況によると、東北
6県の相談者総数は308人で、ほぼ4人に1人の71人が東日本大震災関連の相談
だったことが11日、分かった。震災で家や財産、職を失い多重債務をどう返済して
いいか分からないという深刻な相談が多くを占めている。
 相談者総数は前年度同期に比べ、463人も減少した。一方で、新たに震災関連で
多重債務を返済する困難さを訴える相談は、青森28人、宮城19人、福島14人、
秋田6人、岩手3人、山形1人の計71人と全体の23%を占めている。

●(デーリー東北5月10日)財務省青森財務事務所が2011年度に受けた多重債務の相談件数は109件で、10年度の232件から半減したことが10日、分かった。

こうした「市場」の縮小と、生き残りをかけた消費者金融の努力をダイヤモンドは指摘しているのだと思う。 

② 地方弁護士会のテレビCM

一方で、債務整理の仕事量の拡大は、弁護士広告を急速に拡大させてが、その結果弁護士広告の質がどんどん良くなってきているように思う。
ここでは テレビについて紹介しよう。

福岡県弁護士会 相続問題テレビCM
 福岡弁護士会は、テレビ広告を早くから始めたことでも有名だ。このテレビCMはゆったりとした気分の2人の老夫婦が、最後の贈り物について語るという設定だが、ふつうは 争いをさけるためとか、一刻も早くとかいうコンテンツになるところをあえて避けて表現して、がつがつしないCMに仕上がっているように感じる。


大阪弁護士会のテレビCM
 これらのCMには弁護士会の会員の中からはいろんな意見があろうと想像できるが、以前のものより個人的にはよくできていると思う。

札幌弁護士会法律相談センターTVCMが広告協会奨励賞(2011年7月
少し旧聞だが、地元広告協会のCM奨励賞を、札幌の弁護士会が制作した広告が受賞している。
札幌弁護士会のテレビCM

債務整理「市場」の縮小と、広告は一見何の関係もなく見えるが、実は広告はどの市場でもそうであるように、営業のツールであり、商品説明の王道だ。

これまでの記事でも取り上げてきたが、弁護士会の表現規制の方向はWEB関係を細かくみていこうとしているようだが、この短い2年程度の間に、弁護士業界の広告は確実にその広告手法が、向上してるということが言えると思う。 

こんご広告屋からみた弁護士業界の姿は、ゾウの足でしかないが、どんどん市場原理が進行しるのではないか、市場原理の進行の是非の議論にかかわず、そのことが進行し、他の業界がそうであるように、ブランド力を残すとこが生き残り、その反映としての広告表現はますます洗練されていくのではないだろうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。