2011/02/14

債務整理事件処理の規律を定める規定関連情報



債務整理事件処理の日弁連の規定 提案理由は弁護士会としての危機感がうかがわれるもので、こうした規定を設けざる得ない内容となっているが、そうした背景の一つに広く言えば弁護士不祥事があるのであろうと想像する。1月末の報道だが、以下のような事件も報じられている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サンケイニュースから

弁護士父子が申告漏れ 消費者金融過払い請求…8500万円
消費者問題対策特別委員の弁護士の事件が報じられている。
2011.1.26 11:59
 消費者金融などに払いすぎた利息の返還請求などを手掛ける名古屋市の男性弁護士(34)と、父親の弁護士(64)が名古屋国税局の税務調査を受け、2人で計約8500万円の申告漏れを指摘されたことが26日、関係者への取材で分かった。一部は所得隠しと認定され、重加算税を含む追徴税額は計約3500万円とみられる。

 2人が所属する事務所は「(申告漏れについての)取材には応じられない」としている。

 関係者によると、男性弁護士は消費者金融などに払い過ぎた借金の利息を取り戻す「過払い返還請求」で、回収した過払い金や訴訟の報酬の一部約4600万円を申告していなかったという。経理ミスも含め、申告漏れは平成21年までの6年間で約7千万円とみられる。

 男性弁護士は愛知県弁護士会の消費者問題対策特別委員会の委員。また母親(64)は昨年12月、金融取引で得た所得約2億7千万円を申告しなかったとして、所得税法違反(単純無申告)の疑いで名古屋地検特捜部に逮捕、起訴された。
スポンサーサイト
2011/02/10

債務整理事件処理の規律を定める規定(2月9日日弁連採択)

債務整理事件処理の規律を定める規定(2月9日日弁連採択)

㈱L-netでは、規定に関連して10日プレスリリースを配信した。広告の観点から規定をみた内容となっている。

弊社ホームページのお知らせで公開している。

http://www.e-lnet.jp/


規定の採択については、今週末10日メディアが一斉に報じたが、いずれもトラブルの増加という背景を受けて、日弁連執行部のこれからはトラブルが減っていくであろうという声を紹介している。

また、規定はこれまで、取り上げたように、業界団体による規制の問題との兼ね合いを模索しており、「遠方」や「特段の事情」など かなり概念規定が微妙になっているが、このことについては報道内容にはあまり触れられていない。

背景については、まとめられている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NHKの報道をネット掲載分から全文以下に引用

日弁連 債務整理適正化へ規程
2月10日 5時9分

消費者金融に払いすぎた利息、いわゆる「過払い金」の返還を巡り、弁護士が依頼者とトラブルに

なるケースが相次いでいることから、日弁連=日本弁護士連合会は、弁護士に依頼者との面談を義

務づけるなど債務整理を適正に行うための新たな規程を設けました。

 「過払い金」の返還を巡っては、最高裁判所が5年前、消費者金融の高額の金利を事実上認めない

判断を示したことから、払いすぎた利息の返還を求める裁判が急激に増えました。その一方で、弁

護士に依頼した人から「高額の報酬を取られた」などの苦情が相次いで寄せられるようになり、日

弁連は9日、臨時の総会を開き、債務整理を適正に行うための新たな規程を設けることを決めまし

た。

規程は、▽依頼者が離島に住む場合など特別の事情がないかぎり、弁護士に依頼者との面談を

義務づけるほか、

▽報酬に一定の上限を設けるもので、違反した場合は懲戒処分の対象になります


新たな規程は、ことし4月以降に弁護士が依頼を受けたケースから適用されるということです。

 日弁連の宇都宮健児会長は、記者会見で「従来のガイドラインとは違って懲戒処分の対象になるの

で、債務整理を巡るトラブルは大幅に減るはずだ」と新たな規程の効果に期待を示しました。国民

生活センターには、ここ数年、「過払い金」の返還を巡る苦情など弁護士とのトラブルに関する相

談が急増しています。弁護士とのトラブルに関する相談は、過払い金の返還を求める裁判が相次ぐ

ようになった平成17年ごろから急激に増え始め、国民生活センターによりますと、今年度はすで

に10年前の5倍以上の1600件を超える相談が寄せられているということです。相談の内容は

「過払い金の返還訴訟で報酬を勝手に引き上げられた」とか「借金の整理などを依頼して2年半た

つが進展がない」など債務整理に関するトラブルが目立ちます。日弁連は、広告の解禁や報酬の基

準の撤廃など規制の緩和を進めてきましたが、このままトラブルが続けば弁護士に対する信頼が失

われるという強い危機感から新たな規程を設けることを検討していました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下毎日新聞ニュースから


 ◇「過払い金戻らず不足支払い」「事務職員が終始対応」--依頼者の苦情次々

 借金の整理を依頼した弁護士から「回収した過払い金(払い過ぎた利息)はすべて報酬としてい

ただく」と言われた--。債務整理を手掛ける弁護士を巡り、多重債務者からこんな訴えが相次い

でいる。事態を重くみた日本弁護士連合会は9日、臨時総会を開き、報酬の上限などを定めた「債

務整理事件処理の規律を定める規程」案を可決した。違反行為があった場合、懲戒処分の対象とな

る。日弁連が弁護士の個別業務を規制するのは異例だ。




 債務整理事件では、弁護士が貸金業者と交渉して過払い金を取り戻したり、法定外利息分を差し

引いて元金を減額させたりすることで成功報酬を得ている。弁護士報酬は04年4月に自由化され

たが、債務整理に関する報酬を巡っては苦情が多く寄せられ、日弁連が規制策を検討していた。


 規程では、債務整理に成功した場合の解決報酬金を業者1社当たり上限5万円とし、実際の金額

は施行規則で原則2万円以下にするという。また、業者に元金を減額させた場合は減額分の10%

以下、裁判で過払い金を取り戻した場合は過払い額の25%以下とした。


 弁護士が自分で依頼者と面談して債務整理の処理方針を確認することも原則として義務付け、債

務者に誤解を与えるような広告も禁じた。規程は4月から施行されるが、過払い金請求事件が今後

減少するとみられることなどから、5年間の時限規程となっている。


 債務整理を巡っては、一部で「弁護士が債務者を食い物にしている」との厳しい批判があり、日

弁連内には「弁護士全体の信頼が失われかねない」との危機感があった。


 宮城県内の債務者は貸金業者3社に計350万円の債務が残っていた。東京の弁護士に債務整理

を依頼したところ、2社に計150万円の過払い金があり1社の債務も20万円に減ることが判明

した。「戻ってくる150万円で20万円の借金を返しても、お金が戻ってくる」と喜んだが、弁

護士から「過払い金は全て弁護士報酬になる」と言われた。このケースの場合、弁護士は過払い分

と減額分の合計額の36・75%の報酬を請求。着手金と合わせて183万円となり、債務者は過

払い金が一切戻らないばかりか報酬の不足分も払わなければならなくなった。

 香川県内の債務者はテレビCMを見て東京の弁護士事務所に債務整理を依頼。送られてきた相談

手順には弁護士が面談すると明記されていたが、実際には事務職員が終始電話で対応し、報告もな

いまま訴訟や和解で解決された。「弁護士が手続きをしたのか」と不満が残っているという。

 一方で、規制に反対する声もある。10年に約4万2000件の債務整理事件の相談を受けた「

法律事務所MIRAIO」の代表パートナー、西田研志弁護士は「これまでも今回の規制範囲内の

報酬しか受け取っていない」としたうえで「規制すれば報酬額が上限に張り付いてしまい、消費者

の利益にはならない」と指摘。面談義務化についても「電話やメールでの相談を希望する人もいる

。お客様のニーズに合わせたサービスを提供すべきだ」と話している。


2011/02/01

債務整理事件処理の規律を定める規程案(日弁連)について その3

債務整理事件処理の規律を定める規程案(日弁連)について 一部 その3





/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
(過払金返還請求事件の受任等に関する規律)

■第8条 過払い金返還請求のみの受任を避ける

第八条 弁護士は、債務者から過払金返還請求事件の依頼を受けるに当たっては、当該債務者が負担している他の債務の有無、内容及び件数を確認し、当該債務者が負担するすべての債務に関する事項を把握するように努める。債務者から過払金返還請求事件の依頼を受けて事件処理を行っている間に、当該債務者が他の債務を負担していると思料される事情があることを知ったときも、同様とする。

2 弁護士は、債務者が負担している他の債務があることを知りながら、当該他の債務についての債務整理事件の依頼を受けずに過払金返還請求事件のみの依頼を受けてはならない。ただし、弁護士が当該他の債務について債務整理を行わない場合に生じる可能性のある不利益について説明し、その説明を受けても当該債務者が当該他の債務についての債務整理事件を依頼することを希望せず、かつ、その理由が不当な目的に基づくものではないとらるときはこの限りでない。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



○過払い金返還請求事件のみの「つまみ食い」の禁止

債務整理事件のうち、過払金返還請求事件については、特に批判が集中しているところであり、弁護士が過払金返還請求事件のみをいわばつまみ食いし、それにより適切な債務整理がなされず、法的知識に不案内の債務者に損害が生じているなどの批判があります。本条は、このような批判に対応して、債務整理事件の債務者の経済生活の再生を図る目的に沿って、債務者の負債状況をすべて把握した上で事件処理がなされるべきことを定め(第一項)、他に負債があるにもかかわらず過払金返還請求事件のみを受任することを原則として禁止したものです(第二項)。

普通の感覚でいうと、過払金返還請求のみを目的とする相談であっても、他の債務の有無をヒアリングするであろうし、他の債務があり、生活を圧迫している場合は、これを看過せず、生活再建を前提とした債務整理を提案するというごく普通のことを求めている。





/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
■第18条 広告に関する規律

(広告に関する規律)
第十八条 弁護士は、債務整理事件忙関する業務広告を行うときは、債務整理事件に係る報酬の基準を表示するように努める。
2 弁護士は、債務整理事件に関する業務広告を行うときは、依頼を受けるに際して受任する弁護士と面談する必要があることを表示するように努める。

3 弁護士は、専ら過払金返還請求を取り扱う旨を表示する等債務者が負担している他の債務の処理を行わずに過払金返還のみを行うことに不利益がないかのように誤認するおそれのある業務広告を行ってはならない。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


○広告に関する規制は3種類

業務広告に関する規制は三種の規定があり、第一項及び第二項は努力義務、第三項は義務規定となっている。

第一項の、報酬基準の表示を努力義務としたのは、広告の種類によっては、そこに盛り込むべき情報量に限りがあり、報酬基準の表示を強制することが、不可能を強いるものであったり、そうではなくても著しく困難なことを強いることがあり得るからとされてる。


この解説条項は、弁護士広告の解禁から10年で、その当時まったく想定されていなかった、電波媒体を使用した広告に言及しているという意味で、画期的ともいえる。

現在の弁護士広告既定は、紙媒体・新聞 チラシなどを想定しているので、ラジオテレビの 20秒 15秒0秒というような時間枠戸の概念がなかったが、「盛り込むべき情報量に限りがあり、報酬基準の表示を強制することが、不可能を強いるものであったり、そうではなくても著しく困難なことを強いることがあり得る」と電波広告のことを念頭においている。

2004年にラジオ広告を法律事務所が始めて、7年経てやっと規定の考え方に一部電波広告が入ってきたということだろう。

第三項の「専ら過払金返還請求を取り扱う旨を表示する広告」は、債務者をして全負債の処理を行わずとも問題がないかのように誤認・誘導させるおそれがあるので、品位を欠くものとして禁止さた。これは、過払い返還請求だけやればいいんだと思わせるような広告は品位がないので金氏という趣旨であろう。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
■第19条 解釈適用について

(解釈適用)
第十九条 この規程は、弁護士の職務が本来多様性と個別性を有することにかんがみ、弁護士の債務整理事件処理を不当に萎縮させることのないよう実質的に解釈し、適用しなければならない。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この規定は、5年の時限立法であるが、また特にこのような解釈規定が入ったのは、業界団体による業務規制が独禁法に抵触することとの兼ね合いでかなり調整されたものとなったと思われる。

○解釈適用はかえって債務者保護に欠けることがないように として以下のように解説してあります。

弁護士の業務は、本来多様性と個別性を有するものであり(弁護土職務基本規程第八二条)、個々の事件につき、個別的に対応されるべきものであつて、類型的な一律の規制には本来なじまないものであり、事件処理の方法については、基本的には個々の弁護士の自主性・自律性に委ねられるべきものであり、この理は、債務整理事件処理においても墓本的に尊重されるべきもの。

また、本規程は、禁止の範囲を明確化し(そうでないと逆にどこまでが適法かが分かりにくくなる。)、また、潜脱を防止する趣旨等から」従前の例と比べてかなり詳細な規定の仕方となっているので、
日々多種・多様な弁護士業務を行う中で、偶発的な違反や、形式的、軽微な違反、あるいは、殊更に本規程の趣旨に反する意図なく行われた違反が生じやすいともいえ、
それらを恐れるが故に事件処理に過度に萎縮させる効果をもたらし、かえって債務者保護に欠けるようなことがあってはならない。

そこで、右の趣旨を改めて確認するとともに、それらの行為が安易に懲戒の対象となることのないよう、解釈適用に当たっての留意事項を明文で規定しています。


以上債務整理事件処理の規律を定める規程案(日弁連)について、その規定案と」逐条解説を見てきました。細かな規定で詳細に定められていますが、独禁法との兼ね合いでしょうか、かなり苦労して作成された規定案という気がします。
                                                了
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。